2006年06月05日

フェルマーの最終定理(サイモン・ジン著)

フェルマーの最終定理ものを、もう一冊。


書名:フェルマーの最終定理〜ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
著者:サイモン・ジン
出版:新潮社
内容:前記アグゼルのベストセラーと同様、「x^n+y^n=z^nは、nが
  2より大きいとき自然数解をもたない」という17世紀の数学者フェルマー
  が主張した伝説的命題についての解決までのドラマを、名だたる数学者たち
  の挙げた数え切れないほどの知的成果とからめ、より詳細に、かつダイナミ
  ックに描く。

  原著刊行は1997年、ワイルスの最終的な論文が提出された1995年の2年後、
  アグゼルによる同じテーマでの本の後で、BBCのドキュメンタリー番組制作に
  あわせて執筆されたものである。

感想:前述の本の著者アグゼルが数学を専攻しており、専門は統計学であった。
  これに対しサイモン・ジンは、素粒子物理学を専門とする物理学者である。
  このためか、この世紀の難問に伴い派生した数学発展の歴史につき、物理学
  における大統一理論とのアナロジーとして谷山・志村予想を記述していると
  ころに個性がある。

  あらすじのエッセンスのみ取り出すと、フェルマーの最終定理を示す際のポ
  イントは、当初は全く関係の無い数学の一分野としてそれぞれ独自に発展し
  てきた楕円方程式の理論と、モジュラー形式と呼ばれるものについての理論
  が、本質的に一対一対応するという谷山・志村予想にある。このように数学は、
  多くの理論の間を統一するという大きな流れで発展してきたともいえるので、
  この見方は適切だと思う。
posted by 半端者 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 硬めの書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。