2007年10月01日

時そばの客は理系だった

書名:時そばの客は理系だった〜落語で学ぶ数学
著者:柳谷晃
出版:幻冬舎新書
内容:落語の噺には、数学や科学のネタが満載されていた!「親
  子酒」は「クレタ人のパラドックス」であり、「一目上が
  り」は「等差数列と等比数列」を解説。「千早振る」は「演
  算の法則」で、「こんにゃく問答」は「非ユークリッド幾
  何学」、「日和違い」は「カオス理論」でもある。

  ネタ作りは数学のわかる落語家・三遊亭金八と林家久蔵が担
  当。笑っている間に身につく数学の智恵26席、はじまり、は
  じまり〜!!(以上、裏表紙のあおり文句そのまま)

感想:著者は早稲田大学理工学部で数学博士課程修了という方。
  母方の実家が七代目林家正蔵とお隣同士だったということで
  落語にも詳しく、若手落語家とも交流があった。そこで江戸
  時代における数学(和算)の話題と落語を絡めた本を書いて
  みてはどうか、というアイデアが浮かび、実現したのが本書
  であるとのこと。

  これがなかなかに面白いのである。あおり文句にある関係は、
  ちょっと見にはすさまじいこじつけの連続なのだが、ネタの
  背景説明とか口上だけだと分からない寄席での見所などをう
  まく絡めて楽しませているうちにちゃっかり数学的な考え方
  を体験できるという、実に軽妙な、読ませる本である。

  数学不得意な人にも大いに楽しめると思う。

  ただ、やはり落語というものは日本語の芸。日本語をより日
  本語らしく読ませるのは、やはり縦書きである。「こんにゃ
  く問答」とかを横書きで読むと、どうも違和感があっていけ
  ない。だから、本書が「横書き」で出版されていることには
  首を傾げざるを得ない。
posted by 半端者 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽めの書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。