2007年10月01日

理科年表をおもしろくする本

書名:理科年表をおもしろくする本〜理科年表読本
著者:宇野正宏・建畠朔弥・福士示・山縣朋彦
出版:丸善
内容:理科年表は、その内容さえ分かればとても面白いデータブ
  ックであるが、ただ漫然と見ただけではごちゃごちゃした数
  字の羅列に過ぎない。本書はその理科年表への「入門」を希
  望する方たちのため、様々な科学的テーマを拾い出し、実例
  と理科年表の内容を交えながら、今日とかくブラックボック
  スになりがちな科学の面白さをダイナミックに語る。

感想:科学的思考様式を重んじる人間にとって、バイブルに相当
  するものといったら「理科年表」をおいて他にはないだろう。
  科学者たちが何世紀にも渡り築き上げ、幾多の検証を潜り抜
  けてきた科学的知識に基づく客観的な事実を体系的に、具体
  的なデータとして整理してある理科年表は、オフィシャルな
  自然科学の集大成といえよう。

  しかしみかけは細かい数値の羅列であり、その意味すること
  を利用するのはもちろん、その一部でもきちんと理解するの
  は至難の技だ。本書はその、理科年表に並ぶ数表の意味が高
  校生程度にも理解できるよう分かりやすく説いている。本当
  はちゃんと手元に理科年表をおいて参照しながら(実際、要
  所要所で参照すべき理科年表の項目も明示しているのがすご
  い)読むのが効果的だろうとは思うが、結局流し読みしてし
  まったのは考えてみるともったいない。

  参考までに、目次の一部を紹介しておこう。どんな話が盛り
  込まれているかは、実際に読む時のお楽しみ。

  〇自転車ダイナモとエネルギー変換
  〇錆びるからこそ役に立つ鉄
  〇大きなことと小さなこと、大きな数と小さな数
  〇吸盤で大気圧を測る
  〇原子スペクトルで銀河の速さを知る
  〇ダヴィンチの「最後の晩餐」と運動星団

  などなど・・・
posted by 半端者 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 硬めの書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。