2007年10月21日

日本人なら知っておきたい古代神話

書名:日本人なら知っておきたい古代神話
著者:武光 誠(明治学院大学教授)
出版:河出夢新書
内容:朝廷の手で「古事記」「日本書紀」という二大書物にまと
  められた日本神話は、当時の政治的思惑によるバイアスも確
  かにあるものの、千数百年の長きに渡り語り継がれてきた
  「日本人の心の拠り所」であることは否定できない。そこに
  描かれた様々なエピソードから、日本人の心のルーツを読み
  取ることができる。奇想天外なエピソードからなる日本神話
  を楽しみつつ、「この国の原点と、大和民族の心」を読み取
  ろうとする、異色の評論。

感想:かりにも日本人であるならば、一度はアマテラスオオミカ
  ミの岩戸隠れとか、スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治
  の話とかいう日本神話のエピソードを聞いたことくらいはあ
  るだろう。だがそれらをまとめた日本神話の体系が何かとい
  ってもなかなか分かる人はいない(かく言う私も同様だ)。

  そもそも古事記・日本書紀とも、その内容は互いに矛盾する
  多くの異伝が並び、とうてい一環したストーリーとして読み
  解くことはできない。基本的に朝廷の支配を正当化すると言
  う目的のもと色々歴史的事実を歪めて盛り込んでいる面も否
  定できない。しかし全てのエピソードの根底には、世界の多
  様性を受入れ、命を尊び、労働を尊び、あるがまま穏やかに、
  大らかに生きることの大切さを謳う日本人の素朴な世界観が
  脈々と流れている。

  本書は、あまり知られていないイザナギ・イザナミ以前の造
  化三神(アメノミナカヌシノカミ、タカミムスヒノミコト、
  カミムスヒノミコト)から始まり、天孫降臨にいたるまでの
  主な神話エピソードを丁寧に紹介しつつ、そこから伺える
  日本的倫理観と、神道の形成について論じている。
posted by 半端者 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 硬めの書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61649142

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。