2006年01月26日

映画「交渉人・真下正義」

半端者は映画も結構見るのだが、こっちはあまり感想メモなど残していない。
だが、2005年5月ごろ見たこの映画についてはなぜかちゃんと日記が残っている
のでこちらのブログにも転載する。

結論から言うと、これは面白い!クリスマスイブの夜、わずか5時間そこそこ
に生じる正体不明のテロリスト「弾丸ライナー」による地下鉄ジャック。
交渉人・真下との息詰まる駆け引き、その間に事故防止へ向けて奔走する
地下鉄マンたち、犯人の手がかりを求めて活躍する交渉チーム・捜査チーム
の面々。いずれのキャラクターも性格づけがしっかりし、誰一人無駄な配役
がない。踊る大走査線という作品世界からスピンアウトした交渉人・真下
を軸に、見事なエンターテインメントに仕上がっていると思う。
以下、ネタバレ感想
posted by 半端者 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画評とか。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。